キャンペーン


2014年9月23日火曜日

ONKYO オンキヨー R5A-51C58 Slimbook ノート で WindowsUpdateできない件


最近、オンキョー(いわゆるSOTEC)製のノートPCを購入したのですが、買った当初からトラブルに見舞われた。もの自体は  R5A-51C58 Slimbook ノート という価格.COMモデルです。とい言いつつ、なぜか価格.comではなくオンキョーダイレクト通販で販売している価格.comモデルを購入。今見たらamazonで値が下がっているし、、、



性能自体はかなり満足していて薄くて軽いし、Windows8.1(64bit)インストール済、メモリも8MB搭載。Bluetoothマウスもついてきます。バッテリも結構もつし、、、

問題はWindowsUpdateである。

最初はこの問題かな?と思ったのですが、何度やってもWindowsUpdate後に修復モードに入ってしまい、購入時の地点まで戻ってしまう。リカバリで出荷時点に戻してもダメでした。

MSの月例バッチで社会的問題になったものは今では解消されているので起きるはずはないので、もし同じ障害が起きたら今回の問題です。


ちなみにしばら試行錯誤してた時に修復ツールでトラブルシューティングで修復でき、以下のような画面がでましたが、結局この後WindowsUpdateに失敗してリカバリしてすべてが水の泡。とにかく復旧に半端でないくらい時間がかかるのでたまりません(汗)





結局コールセンターへ電話をかけて分かったのは「タッチパッド」のドライバ。

これをアンインストールをすると問題が起きなくなるらしいというんでやってみたら見事に解消!

ちなみに担当者からアナウンスがHP等であるまではタッチパッドのドライバは再度いれないでとのこと。このドライバをアンインストールしたからと言ってとりわけ支障が出る問題ではない。


実際問題になっているタッチパッドのドライバというのはこの部分。


アンインストールするには上記をダブルクリックするか、Cドライブのonkyoフォルダのセットアップを実行する。






アンインストール後に、再起動し、WindowsUpdateしてください。

そして正常にWindowsUpdateしたら復元ポイントを保存しておいたほうがよいです。すでに何かインストールしてライセンス認証してしまうと振出しに戻るとあとで面倒なことになります。


コントロールパネルのシステムとセキュリティから以下のようにしてシステム保護画面を起動します





復元ポインをの名前を付けて保存します。



こうしておけば、次回起動しなくなったら出荷時まで戻ることはあってもこの設定時点までロールバックできるということです







0 件のコメント:

コメントを投稿